夏場のバイクデートで起きた事件

当時、彼と付き合っていたときに某有名スポットにビッグスクーターでデートへ行きました。かれこれ1時間弱で目的地に到着したのですが、当時は夏だったということもあり、暑かったのを覚えています。到着したやいなや、彼の機嫌がもの凄く悪くなりバイクに不備があると怒り始めました。着いたばかりなのに「もう帰る」と一言…。私の財布もスマホもバイクの中に残したまま姿を消してしまいました。もちろん、私は唖然。「え?これからどうしたら良いの?」と思い、とりあえず少しの間海を眺めていました。彼が戻ってくるのが見えたので、探しにいくもまたどこかへ消えてしまい、「あぁ、これは本当においてかれたな」と思った私は、10センチほどのヒールを履きながらも彼の自宅まで歩き始めました。(笑)先ほども言いましたが、バイクで1時間弱の道のりを歩いたら一体どのくらいかかってしまうのか…。ひたすら歩いて、歩いて、あたりは真っ暗になり足にも限界がきたので、とりあえず交番かコンビニを探すことに。某有名スポットから隣の隣の市まで歩いてようやくコンビニを発見。時計を見てみるとかれこれ4~5時間は歩いていました。コンビニの店員さんに事情を話して電話を貸してもらい、一か八かで自分のスマホへ電話をかけてみました。すると彼が出て大泣きなのです。「泣きたいのはこっちだよ…」と思いながらも、こちらへ向かってもらうことにしました。こちらに着いた彼は「何してんだよ!」とまた怒っていました。彼は、私の両親へ連絡をとり、自分の両親へ連絡をとり、警察に捜索願を出し、友人何十人もと探し回っていたようです。(汗)私からすれば、恥ずかしいお話なのですが、周りの方々に迷惑をかけてしまったなと思いました。私も当時は冷静な判断がとれず、すぐに交番やコンビニを探して電話すればよかったと後々思いました。警察の方には「あんな男とは別れたほうがいい。こんな高いヒールはいて何十キロも歩いてるのに、彼女に対しての対応がなってない。馬鹿な男だよ。」と言われてしまいました。(笑)今でも忘れない、デートになってしまった体験談です。なんだかんだ、今では夫婦となり、二人の娘に恵まれましたが、その某有名スポットに行くたびに思い出してしまいます。女のひげが濃い場合の対策は?